新規ドメイン(duelist.org)取得

先々週辺りに何気に duelist.org の存在確認をしていたら、どうやら手放していた事を発見。

大急ぎで、とっても前から忘れていた seseragi.kir.jp 各人のメール設定をして、新規ドメイン取得を宣言。
その後取得。やたー。
おそらくは後10日もすれば全世界から認識される事だと思います。
元々 VideoKilledTheRadioStar.org の頃から欲しかったドメインなので当面手放すつもりはありませぬ。

2003/11/08

補足

この duelist.org ドメインは、元々別のヒト(団体?)が保有していた。
自分がこのドメインを知ったのは、まだ自分がインターネットを始めた頃、ヒトのメールアドレスのドメイン名を見て1 このドメイン名を知った。
そこで「おやっ?」と思ったので、直接URLを入力すると、duelist.org にぶら下がる形でのホスティングサービス…と言うよりはレンタルスペース?を行なっていたと思う。
ただし新規会員は募集していなかったので、諦めざるを得なかったという経緯がある。

2003/11/08

補足、その2。

さて。
メールアドレスの関係もあり2 、その後も手放さず利用している。
Web利用に関しては、ドメイン取得当時から想定していたサブドメイン運用で行っている。
この駄文ブログが morry.duelist.org で、おシゴト用は屋号を元に project2501.duelist.org といったカタチで。3
ちなみに duelist.org そのものは利用していない。

それにしても。
このドメイン取得して、既に10年を超えたんだと。
多分この先も「ついうっかり失効」が無い以上、手放さないと思う。
今更だが、「duelist」と聞くとカードゲームっぽい響きがあるが、当時ググっとキた理由は、(真面目に見ていなかったが)「少女革命ウテナ」の影響がある。
および、自分の中では女性ボーカルNo.1だった4 Claudia Brücken が在籍していたPROPAGANDADuelという曲を思い浮かべる。
80年代洋楽で一世を風靡した…かもしれないバンドでロマンティック・ノイズとか言われていた記憶が。

2014/06/20

Footnotes

  1. 1. 当時はメーリングリストでのメールアドレスも晒されていた記憶が。また、anime.net というドメインも運用していたように思う。

  2. 2. その後Gmailが出たので個人的にはドメインメールの必然性は少なくなったが。

  3. 3. 仕事用はそれ専用のドメインを取ったほうが良いんじゃないかとも思うが、そこまでしていない。

  4. 4. 声の張りと艶が何とも、だった。近年はソロで活動している模様だが、声質がかなり変わってしまった印象がある。