スクショ遍歴

なんだかんだとWindows95の頃からスクショ(= スクリーンショット)を保存してたんだと…

2008/11/10 – イーモバS12HT

現在のS12HT画面。1
な、何か色合いが変だが。
見ての通りの利用状況で、全くピーキーな設定にはしていない。
壁紙はTenshi. by =kayleigh on deviantARTより、なかなか恥ずかしいが。

使い勝手?
んなモンWindowsなんだから言わなくても分ってもらえるやろ、みたいな。
それはともかくも、この前友人のiPhone触ったけど、意外に重かった。
しかも、当人はTouchも持っているので、どうするのかと聞いたトコロ、併用して使っていくそうだ。
それもどうかと思うけど…

それにしても、日本の携帯メーカが本気出したら、かなり小さくて洗練されたデザインのスマートフォンができそうだと思う。
しかしながらDocomoの新ラインナップを見ても、あまり乗り気でなさそうな気がする。

…それにしても当時何故に Windows Mobile にしたのだったか…全く覚えていない…結構早くに乗り換えた記憶が…
なお、S12HTだがその後、HT-03Aを少しだけ使っていた時期があり(プロダクトライフサイクル的にはかなり末期)、このS12HTと比べて、かなり作りがしっかりしている気がした。
もっとも、S12HTと比べて可動部分が無いからかもしれないけど、小慣れて来たのかなぁという印象がある。

Windows Mobile に選ばれしものの恍惚と不安

ないない、それはない。(AA略
あ、いや、いつフリーズするか分からないという不安と、フリーズしてデータがパーになった時の恍惚はあるかもしれんが、経験したくないし、選ばれたくはありません。
つーか、仮にもオープンソース系の人間が何を好き好んで…

発売日に即購入して約2週間使って…否、肌身離さず(w 持ち運んでみたのだが、
「か、カッタリー」
という印象しか無い。
電車の中でWillcomの端末使ってる人、自分の身の周りでも数名がスマートフォン使ってるけど、
「いやー皆さん、よくまぁ投げ出さずに使ってますねー」
と思う。

誤解の無いように言っておくと、今回購入したS12HTに対して、Windows Mobile(搭載はWM6 Pro)、 キャリア、この辺の評価を分けて考えるべきだろうと思う。

まずキャリア。
新規参入かつマダマダ発展途上故に、物理的な相談窓口が無い。これから徐々に、だと思うが。
ところが常に必要では無いので、評価しにくいのだが。
というのは、昨日、早速Windowsの起動で固まった。
購入店に持って行っても「いや我々は販売しか…」なカンジで、サポセンに電話。
強制リセット、つまりフォーマット&イニシャライズで動くようになったのだが、このリセットに戸惑い約一時間。この辺はS12HTと絡んでくるが。
ランニングコストに関しては現時点では何とも。
常にIPリーチャブルな状況に置かれるので、いつでもWebブラウズできるのは良いのだが、現時点での通勤が地下鉄メインなのであまり恩恵に預かれない。

次にS12HT。
QWERTYを無くした割り切りはナカナカ。
正直、液晶で仮想キーボードを表示して、というのはどうにも抵抗があるので。もし液晶のみだとしたら、表面が凸凹する液晶を開発してからにしてくれ。
問題として、ボタンとキーだけで操作が完結しないトコロか。
何かに付け、液晶のタップを行わなければならないのは不便。この辺を何とかしてくれるソフトがあるかもしれないけど。
それと熱くなる。冬はカイロ替わりになりそうだ。

WM6。
何と言うか、まだまだこなれてない。勿論これはOSだけの問題では無いけど。
しかしながら、あれで便利だと思える神経が以下略。
動きももっさりしてるし、昨今の携帯全般に言えるかもしれないが、キー反応がモタつく。
素人が何を、と思うかもしれないが、故に素人に裾野が広がらず何時までもマニアの世界、マニアのガジェットレベルに留まってるんじゃないかと思う。いやそれでも構わないのだろうけど、同じ苦労するならば、もっと創造的なカテゴリーで苦労なり時間を費やすべきじゃないのか。

特に個人的に致命的なのが、PIMをOutlookに委ねているのでダウト。
しかも他のOffice系ソフトと共に削除できない。
そこで。
かつてコンピュータ・電算機を「マイ・コンピュータ」「パーソナル・コンピュータ」と言った人の気持ちが今分かった気がする。
自分にとって真にパーソナルなコンピュータが、このスマートフォンの分野になるらしく、しかも時代が時代で、パソコンレベルではその気になればOS・アプリの選択肢はそれなりにある。それが選択できないのは甚だ遺憾。故に自分はAndroidOpenMokoSymbianに肩入れしている。
当初は如何ともし難いレベルかもしれないが、徐々に使いやすくなる素地・可能性があるのは大きい。

2008/08/02

S12HT導入ソフト

今そこにある危機を回避するために。

  1. Pocketの手
  2. HTC Home Customizer
    な、なんかこれ使うと起動時エラーで固まるみたいな…
    ところでToDay画面からHTC Homeは削除できるんですね…ならば使う必要は無いし。
  3. QDz
    Outlookの連絡先と連動しているのと、使い勝手がケータイ並みになるので便利。
  4. WkTASK
  5. GSFinder+
  6. dySchedule & Offisnail Date & POsync
    これでGoogle Calenderと同期できるようになった。
  7. TMEdit
    地味ではあるが便利。
    「Pocketの手」で代用可能
  8. tdLaunch の改造の改造 for W-ZERO3 es
    使えるみたいだ。今後アプリ起動はこれに集約する?
    結局のところ、ストレージは全てWebに集中させるべきだなと。タチコマみたいに。
    自分の場合もご多分に漏れず、Googleになるのだが、まだまだシームレスに連動できないのがキツい。
    それでもスケジュールはGoogleに集約できたが、Todoと連絡先がどうにも。
    いわゆる「母艦」とPDAの連動の不便さがまだある。
    連絡先に関しては、このためだけにOutlookのトライアルを入れたが、かなり抵抗がある。
    Todoに関しては、考え方にもよると思うが、スケジュールと連動させるとかの必要性を感じるけど、Googleもそこまで対応していない?かもしれないので、現状では何とも。

    2008/08/02

Menu of this post

  1. 1. はじめに
  2. 2. 2012/09〜 OSXに転向、2016/03メモ
  3. 3. 2012/03/30 - bbLeanの頃 #3
  4. 4. 2011/07~2012/03 - Emerge Desktop
  5. 5. 2010/09〜2011/02 - ThinkPad X100e
  6. 6. 2010/05中旬~2010/08上旬 - OSX #1
  7. 7. 2010/04/27 - BumpTop
  8. 8. 2009/01/17 - bbLean Mod
  9. 9. 2008/11/10 - イーモバS12HT
  10. 10. 2007/09/17 - スクショ無し…
  11. 11. 2007/09/12 - Dell Latitude D420 購入
  12. 12. 2006/10/13 - bbLeanの頃 #2
  13. 13. 2006/02/08 - bbLeanの頃 #1
  14. 14. 2005/05/01 - さながらLitestep難民と言うか
  15. 15. 2005/01/30 - シゴトのPC(チョイ真面目仕様)
  16. 16. 2004/09/26・2004/10/15 - 代替シェルの時代
  17. 17. 2004/09/05 - 505 EXTREME(中古)購入
  18. 18. 2003/05/11 - シゴトのPC(Litestep仕様)
  19. 19. 2000/11/23 - シゴトのPC(生真面目仕様)
  20. 20. 1999/12/04 - 確か Dynabook SS3010

Footnotes

  1. 1. 他のスクショが画面の1/10のサムネを表示しているのに対して、この項目のみ1/5にしております。1/10だと32×48なので小さ過ぎて…