【閲覧注意】「ゆ虐」というジャンル

…という話題に関して書くのは非常にセンシティブにならざるを。
一つは、自身の嗜好のあり方が問われる事、もう一つはこのジャンルの閉鎖性とでも言うか。
炎上するリスクを犯してまで記事にする事か?なんだけど。
しかしながら「作品」として見た場合、なかなかに興味深いし面白い作品も多いのも事実かなと。
…とは言うものの、このブログの全ての投稿の中で、この投稿がそこそこの閲覧割合を占めているみたいなので、ちょっとビビってますが(この投稿はゆ虐創作じゃないですよー)。
各サイトのコメント欄にこんなの書くと真っ先に制裁対象になりそうだけど、自分のブログに書いてるので見逃して欲しいなぁと。
その様な理由から、本文、作品へのリンクはしません。
Web検索すれば比較的簡単にヒットすると思うので。
「ぷぷっ、ゆっくりできないにんげんのまつろだね、あわれあわれ」
「これだからくそにんげんはゆっくりできないかとうせいぶつなのぜ」

ゲーム

漫画絵だと普通に見れるけど、リアルにゆっくりが居たら、例えば夜中にひょこっと生首が見えたら嫌悪感やヒャッハーよりも先にびっくりするんじゃないかと。
例えば「tomak」とかが近い気がするし、「ゆっくり観察日記」での夜中の野外で人気ひとけも無いのに周辺から囁くような声(鳴き声?)がリアルで聞こえたら、何事も無くても暗闇は結構クるモノがあるのに、更に呻き声だか何だか、人間の囁き声みたいなのが聞こえてきたら、ゆっくりにムカつく以前に不気味だし怖いわと…と思わせられるのも非常に癪だが。

一応自分もプログラマなので思うのは、ゆっくりの言動は過去に(あまり)囚われない、例えば直前に凄惨な虐待を受けていても、オレンジジュースで完全復活やあまあま一発で機嫌が直るという、今ゆっくりさせてくれるか否かが最重要課題だったり、多少ロジック上不備があってもゆっくりそのものが賢くないので逆にそれがゆっくりらしくなりそうで、意外と実装しやすいのではないかと思ったりもする…人工無能的とでも言うか。
また、集団・番・親子・姉妹の利益を考えた思考・行動よりも個々の最適解ゆっくり(目先の利益)でしか思考・行動しないのが基本なので、そういう面でもプログラミングしやすいのではないかと。
一方でゆっくりも何だかんだとコミュニケーションなりコミュニティ重視・至上主義の生物ナマモノなので、純粋なプログラミングでの問題解決以上に、作者によるセリフや立ち絵のセンスや想像力が問われるのだろうなぁと思う。

「しむゆっくり」

return to toc

色々な系統があるけどJavaなのでMacでもプレイできる点。
シミュレーションとしても面白いけど、一応自分もプログラマなので、ソースが公開されているのが嬉しい。
特に箱庭系で必要な、個が自律的に活動する、という実装の参考になるのではないかと。

ざっとソースを追いかけたが、ゆっくりの親クラスを継承して各ゆっくり種クラスのインスタンス1 を生成2 してるのだろうなぁ、というのは何となく分かったけど、個々がお互いに影響を与え合っている実装部分は追い切れず。
多分何処かにメソッドなりが存在するのだろうなぁと思うけど。
ちょっと忘れたけど、メッセージングだったか、この辺りはドットインストールのScratch講座を見れば理解できそうな気がするけど、それを他言語に当てはめた場合、どう実装するのかまでは分からない。
個々のオブジェクトがメッセージを通じて自律的に行動する、みたいなのは確かSqueakだったと思うけどチラッと見た気がする、程度の知識しか。
でなければ、一定時間毎に全てのゆっくりの状況を読み、次の行動を決定する、みたいになるのかなぁ…自分の半径何ドット以内にゆっくりが居れば挨拶する・すーりすーりする・無視する・お飾りが無く下級ランクだと制裁する、みたいな条件分岐の塊みたいになりそうだけど…

不満があるとすれば、ゆっくりの「容積」を感じない事で、もしかしたら「しむゆっくり」の論理ロジックを例えばUnityに移植すれば何とかなりそうな気もするけど…「ゆっくり観察日記」というゲームもあるが、自分ではちょっと無理。

「ゆっくり八景」

return to toc

いやーQNQNするわ、このゲーム。

漫画や創作小説みたいに受け身だとそれ程でも無いけど、こちらから能動的に働きかけた結果、ゲスな言動されるとそらキレるわ、逆に建前でもありがとーと言われたら、よしよしお前賢いなーしたくなるわ、というのが体感できる。
例えば、空腹で生ごみを与えて赤まりさの罵声を心地良く感じたり、クッキーを食べれる判定ギリギリで様子見して最後ジタバタさせたり、空の皿をぺーりょぺーりょさせたり、空腹でうんうんを食べさせたり、強制すっきり!の連続で自発的にれいむ人形とすっきり!させたり、目の前でおもちゃをお片付けしたり(ry…endless…ふと冷静に振り返ってまぁホント、子供居なくて良かったよ、と。
正直、「現実と虚構の区別が付いていない」という境界が曖昧になってきそうでちょっと怖い。

一人でプログラミング・イラスト・セリフなどを作ってるみたいなので大変かと思いますが、開発中にも関わらず頻繁にα版をリリースしてくれるのがありがたいです。
ベースはHSPだったか、触った事無いので何ともだけど、オブジェクティブな仕様がちょっと弱そうなので、多頭飼いは厳しいかなぁとか思ったりもしますが…無理矢理オブジェクティブに実装しなくとも配列を多用すれば何とかなるのかもしれませんが、ゆっくり完成度が上がるのを待ってます。3

個人的には、お帽子取り上げ、おかざりを切る、多分パラメータの追加(ストレス)が必要かと思うけど非ゆっくり症の実装あたりを。
…していただき、ありがとうございました。

「ゆっくり観察日記」(ブラウザ版・Windows版)

return to toc

ともかく鳴き声?が五月蝿いと感じたのと、慣れるまでは3D酔いが激しかった。
こいつら、食っちゃ寝・すーりすーりして朝だったかにはうんうん4 、おちびを産む、腹が減ればギャーギャー騒ぐ5 、寝付きが良いのを通り越して何の前触れも無く突然コテンと眠って、低血圧何それとばかりに急に起きて飯食ったり仲間と騒ぐという、本当に本能の赴くままにゆっくりと行動してるなぁと感じる一方、飼い主であるプレーヤーはこいつらの世話で全然ゆっくりできないし、と。

プレイ環境

return to toc

当初はWindowsマシンが時代遅れだったので、結構な頻度で落ちていた。
そのため、MacBook AirのSafari(Unityプラグイン導入済み)でプレイしていたが、公開終了に伴い、結局Windowsマシンでプレイしていた。
その後Windowsマシンを新調(AMD A10-7860K)したので、高画質でも全然問題無く動いている。

V1.5.4.pからV1.6cへ

return to toc

まさかのアップデートに感謝。
UIが微妙に変更されたので戸惑いもしたV1.6cをメインにしてると、V1.5.4.pが妙にカクカクしてると言うか、「あれ?こんなのだったっけ?」みたいな。
および、餌の減りがだいぶ早くなったので、気を付けないといけないなぁと。
操作に影響は無いがV1.6cは影がモワレてるのと、夜が暗い…一方で、胴付きが出てきたけど、基本的にバイオレンスモードしか…とは言え、さすがに胴付きのバイオレンスモードはヤバイよなぁ。
コレと糞全裸は別の種だったか、渋のフルスロットルな漫画の影響が強くて…

ところで今まで試した事も無かったけど偶然の産物で気付いたけど二重起動できるのな…課金に関わるゲームで無いので書いてしまうけど、二重起動した状態で階をまたいでゆっくりを移動させると、完全なクローンができてしまうという、これでわさ三つ子も簡単に、みたいな。
更に言うと、V1.5.4.pとV1.6cはレジストリへの保存データが同一らしく、胴付きの場合は胴付きフラグが落ちてしまうが、V1.6cは若返りはできても急速成長ができないので、V1.5.4.pで急速成長させたりと。

遊び方その1、牧場

return to toc

まりさの楽園、鬼威惨のアイドルCランクわさ種、ランクSさくや牧場で生まれたおちびで小遣い稼ぎ、とか。
例えば寝室のミニチュアハウス?(天板が無い方)に番、そのおちび達をドールハウス?へと。
ドールハウスのおちび達、ナリはアレでもゆっくり、ガキがガキを作る事も多々あるので、それを回避するため、ランクC牧場の場合、お飾り無しを数匹放り込んでサンドバック替わりにして、おそらのゆっくりぷれいすに逝ったら補充、ランクSだと逆にお飾りを奪ってランクCを放り込んでおく、みたいな。
ただしドールハウスで赤ゆを飼う場合、家具に引っかかって飢餓状態で死んでしまわない様に監視しておく必要あり、みたいな…V1.6cでは無くなったかも。
いずれにせよ、餌の準備や番が汚れない様にする、おちびの監視や移動など、コチラは全くゆっくりできないが。

遊び方その2、ただただ眺めるだけ

return to toc

これは旧マシンだと不安定でできなかったが、マシンを新調してから特に。
番から開始、常にカメラでトレースするだけ、みたいな。6
他には、Cランクまりさ・れいむ・わさ・ありす沢山に対して、お飾り無しSランクぱちゅりー・みょん・さくやを眺めるだけ、とか。
いずれにせよ途中で飽きてしまうので、天寿を全うする事は無いが。

遊び方その3、スキマ

return to toc

多少のコツは必要だが、例えば和室のアクアリウムの洞窟の裏側とガラスケースの間、寝室の天板無しミニチュアハウスのガラスのふち(V1.6cでは実現不可?)、ドールハウスのテレビの裏、これらにおちび達を放り込んで、あとは麗しい親子愛をただただ眺めるだけ、みたいな。

ランクCとランクS

return to toc

ゆっくりの真骨頂は、ランクCじゃないのだろうかと。
生まれてすぐの段階でもお飾り無しのゆっくりに対して暴行する様を見るのは、お前らまるでプログラミングされてるのか…ああそう言えばこれはプログラムだったなと、やかましいけど見てるこちらはとてもゆっくりできるし。
この制裁の最中にこちらから挨拶すると、「なぁになぁに」と全く何事も無かったかの様に無邪気にこちらに寄って来る(媚びている?)様子は、不気味に感じるけど。

対してランクS、例えばランクC数匹とお飾り無しのランクS数匹を同じ空間に入れておくと、ランクC・Sの頭数や大きさなどケースバイケースだが、最初はランクCがランクSに暴行、ある時期を境に逆転して逆にランクSがランクCを正義の名の元に虐めてる、みたいなのは実にゆっくりできるなぁと。

設計や実装に思うコト

return to toc

しーしはしない、ランクC・Bしかうんうんをしない、うんうんは時間経過と共に消失する、という割り切りは凄いなぁと。
もし真面目に実装するとなると、かなりのコーディングが必要になると思われるので、面白さを失わない様に機能を削減したなぁと。

一方で、親子関係は紐付いて実装されているみたいだけど、姉妹関係は無さそうだなぁとか、ゆっくりの歩く?動作や水上の動きはもう少しゆっくりアクションさせても良いんじゃないかと思ったり7 、子ゆ・赤ゆの歩幅?が長いと思ったり、寝てるとコロコロと転がっていくのはどうなんだろ?だったり8 、もっと弾力性のあるカラダ(顔面?)にしても良いんじゃないかと思ったり9 、こたつむりは居たけどまりさつむりやでいぶって居たっけ?などの疑問や要望10 はあるけど。

しかしながら、想像上の生物ナマモノがUnityの力を借りて身近に感じられるのは凄いなぁと。
例えば、各種がもみあげを前後に振って歩くモーション、のーびのーび・いきむ姿、虐められて徐々に弱っていく姿…表情、動きがスローモーに…など妙にリアルで説得力があるなぁと。
こういうのは既存の動物の動きを参考にしたのだろうかと…何の前知識も無しに実装するのは大変な気が。
そう考えると、このアプリが無かった頃にゆ虐創作していた先人のイマジネーションの深さにアタマが上がらない…

各種に関して

return to toc

割合としては旧ボイスでプレイしている方が多い気が。
ランクCわさ種を眺めてる時間が多い気がする一方で、れいむは全く飼わないなぁ…
ぱちゅりは寝顔が特にかわええ。
みょんはたまに「みょーん」と鳴いてるのがツボで。
さくやは「うんうんがでますー」「うまれますー」とか…それと、虐められてる顔にQNQNと。
空腹時、さくやだけは「はやくおりょうりしないと」と自発的なのに対して、他の種は腹減ったーみたいな、だから何なのとキレそうになる事もあるけど。

「ゆっくりにっき」

return to toc

100匹飼い可能バージョン

return to toc

かなり絵柄が変わった印象。
善良種・ゲス種の行動原理が良く分からない、ぷくぅ!してる? 植物妊娠しかしない? 捕食種に食われると徐々に小さくなる? もしかして親子関係だけでなく姉妹関係も実装されている? 挨拶できなくなった? おならはやたらするけど、うんうんしなくなった?

このバージョンはラブモードしか実行できないが、とりあえず冬季に外にほっぽり出して自分は何もせずただただ観察するだけ、がゆっくりできるかなぁ…餌を与えなくても勝手に地面を掘り返してキノコとかドングリ食ってるし、場合によってはガラクタ(ゆっくりにとってはお宝?)を見付けて取り合ってるみたいだけど。
特に冬季は、ゾンビ色になったゆっくりの吐く息が白く11 、まりさの「さむいーさむいよぉー」は、見てるこちらまで寒く感じられる12 …凄くゆっくりできるけど。

その後、久々アプリ開発者さんのデモ動画を見たけど、Leap Motion を使ったり13 、色々とチャレンジされている様子が伺えて何よりで、いずれPCに特化したアプリが出てくるかもしれないのは嬉しい限り。
他には Oculus Rift もアリだと思うけど、スマホを比較的安価・簡易にVR化する方法含めて、個人的にアレは3D酔いするので厳しい…
あるいは、ARToolKit、お手軽?にはthree.jsも考えられるし、Unityでも使えそうな Project Tango14 あたりとか。
ただまぁ…食う寝る出す産む、群れる、障害物を避けるなどの自律的な挙動みたいなロジックは何とかなるかもしれないけど、最大の難点がモデリングで…如何に魅力的であたかも生きている様な…

Android版

return to toc

えー無料じゃなかったのーというエミュレータで数時間だけ。
2016年6月中旬、Chrome OSでAndroidアプリが使える様になったらしいので、いずれ仮想環境で試す予定。

何と言うか、「ゆっくり観察日記」が群体で愉しむ・傍観するのに対して、「ゆっくりにっき」はよりペット感覚のゆっくりが楽しめるのではないかと感じた。

100匹飼い可能バージョンでもそうだったけど、どうにも移動時のマクロ視点への視点移動がぐわーんとなる…と言うか、元々3D酔いするタチなので、長時間の使用は難しい気がした…
それと、ぱちぇの後ろ姿が何かワカメちゃんみたいで…

「伺か」

return to toc

…のゴーストが存在するにはするけど、コッチ寄りではなく、あくまで仮に、「しむゆっくり」や「ゆっくり八景」の絵で作れそうな気もしなくはしなくもないけど完全に反則…
実況用のゆっくり素材を使えば可能かと思うけど、色々と面倒に巻き込まれそうで15 …動画配信以外に使用が許された素材だとしても、モラル的にもコミュニティ的にもそこまで踏み込むのは…

ある経営シムのMod

return to toc

ニコ動で…こちら側で言うところの「愛で」なので、ゲーム名は控えさせて頂きます…

形態素解析エンジンによるまりさ言葉への変換

return to toc

MeCabを利用して、くっそムカつく文章を、「ゆっくり」らしく翻訳するのぜ – Qiita

一時期流行した?関西弁置換など色々と存在した気がするが、そういう類の。
MeCabという、ChaSenKAKASI同様のオープンソースの形態素解析エンジンを利用して、「糞動画ばっかりつくるな、このド低能」を「うんうんどうがさんばっかり、つくるな、このどていのーさん。」に置き換えたら「怒りも沸かないでしょう」だけど余計にイラっときそうだけど。
MacへのMeCabのインストールはHomebrewからできそうな雰囲気だがさすがにそこまで試していない。
で、実際に言葉のマサカリやアハトアハトから飛び出す罵倒が飛び交い殺伐としそうな某動画投稿サイトで使えると面白いけど、ちょっと難しいか。

現在開発中

return to toc

渋でWOLF RPGエディター、Blenderあたりの開発状況報告を見かけるので、気長に待っています。

Menu of this post

  1. 1. あとがき
  2. 2. あぶすとらくとさん
  3. 3. ゆゆ?ここにゆっくりできないにんげんさんがいるよ!
  4. 4. 漫画
  5. 5. 漫画(渋)
  6. 6. 創作小説、いんでっくす
  7. 7. 創作小説、その1
  8. 8. 創作小説、その2
  9. 9. 創作小説、その3
  10. 10. 創作小説、その4
  11. 11. ゲーム
  12. 12. ゲーム:「ついほうしゃさん」をプレイして
  13. 13. 妄想篇
  14. 14. 結論めいた

Footnotes

  1. 1. 各属性値?・メンバ変数?をランダムに生成。

  2. 2. 他のオブジェクトも同様かと。

  3. 3. 僭越ながら苦言を呈しますと、新規実装は一旦凍結して、多少期間が長くなっても徹底的なバグ潰しに専念された方が、後々の自分のためにもなるのではないかと思いますが。

  4. 4. とりあえず、うんうんリフティングはやめて欲しい…

  5. 5. 私は凄くゆっくりできるけど

  6. 6. ただし、長時間カメラでトレースしていると、なのか、単に長時間稼働していると、なのか不明だが、自宅居間でゆっくりを掴んで離すと、玄関に出現する事象が多発。

  7. 7. ゆっくりが弱った状態での移動速度が通常でも良い気がするけど、この場合で弱ると物凄くスローモーな動きになってしまうのかなぁ。

  8. 8. Unityのオブジェクトに摩擦係数があるのか無いのか知らない。

  9. 9. Unityのオブジェクトに弾力性、みたいなのがあるのかどうか知らない。

  10. 10. 他には「ゆかび」で、実装が難しいのか、ゲームの雰囲気に合わないのか、「しむゆっくり」同様で何とかなりそうな気もするけど。これが実装されていれば、増え続けるゆっくりに対するカウンターになるだろうし、当然、そう仕向ける事もできるし。そう言えばランクが高いゆっくりは汚れていてもいつの間にか綺麗になってるなぁと。

  11. 11. あれ? ゆっくりって呼吸が必要だった?

  12. 12. ここに段ボール箱のおうちとか置ければ悲惨さが増して嬉しいのだけど。

  13. 13. これはこれで面白そうだけど、Leap Motion はフィードバックが無いので、ゆっくりの重さを感じる事ができないのがちょっと。

  14. 14. グーグルのProject Tangoって今、何ができるの?|ギズモード・ジャパン … big.g02 の「ゴキゆ(家ゆ)」シリーズや「机の上の赤ゆ」、例えば、机の上で、部屋で放し飼いする、みたいなのに使えそうな。

  15. 15. 一騒動ありましたしねぇ。