みっくみくにされてみる

思えば、これが自分のYMOに対する再評価のトリガだった様に思う。

2題程。

そのいち。オジサンホイホイ。

そりゃぁねぇ、リアルタイムど真ん中(当時厨房)に居て、間違い無く影響を受けたので、初めてコレ聞いた時は、彼女への評価は逆転しましたよ、良い方向に。
それまでのボイロの印象は、「な、何かなぁ…」だったんですけど、「そうか、この手があったのか!アリアリ、これ絶対アリ」みたいな。
つまり、自分は双方(Miku・HASYMO)の原理主義者では無かった訳ですね。1

なので…


…は当然購入しましたがな。遅ればせながらも。
何せつい最近までこんなのが出てるとは露知らず。2
涙ぐましい位にユキヒロさんの歌い方をシミュレートしてる気がします。
個人的にはBGM/Technodelicあたりの重苦しい曲を入れて欲しかったですね。
ですが、散開ライブをベースにしてるのか、もしくは、中の人の作品じゃなかったのか…良く分からんですけど。

PROPAGANDAから東風へのメインのキーボードが入って、ぐわーっと来るあたりは鳥肌モノ。
以心電信、これ、某氏曰く、「彼女達が何故流行ったのか誰も説明できていないけど、全て正しい」彼女達3 の曲だと言われても全く違和感が無い気がします。
Nice Age・Technopolis・Rydeen、なんつーか、中の人の「愛」と言うか、思い入れを物凄く感じますね。GJ。4
Behind The Mask、ヴォーカロイドの声にヴォコーダーをかますという、何と言うコトを…


続編を激しく希望。
聴かずに(効かずに?)死ねるか。

そのに。楽器的Miku。

microgroover

少し前、ケーブルTVのチャンネル組み換えがあり、見れなくなったので仕方無いのでBSのウェザーニュースを見ていた。

で。
「あれ、これってMiku?」
まさかねぇ、TVでMikuを使ってるとは思えず。しかしどう聞いてもMikuにしか聞こえない…
…だったのだが、探し切れず。
正確には、ニコ動にそれらしき形跡を見つけたが、ニコ動ユーザじゃないので断念。
しかしながら今回、わざわざこの動画のためだけに(一般)会員になって確認。

実際には下記らしいと。

そう、彼女は歌っていない…楽器になっている…と言うべきか。こういう使い方もあるんだと。5
Mikuだけでなく、多分もう一人の彼女の使い方が絶妙。

更に、気になって色々と調べていたのだが、一部ではかなり有名なヒトらしい。
Shuichi Tanaka/shu-t/microgroover などの名義で活躍されておられる模様。

ddh/4つ鬱P

2016/05/19

ヘリコプター搭載護衛艦、ではなく、通り名が「4つ鬱P」である方の作品がですね、もう、キタコレ!で。
ボカロインスト」という一見矛盾したジャンルだけど、そもそもの自分の好みがボイスではなく曲に偏っているので仕方無いのかもしれない。
なので、歌詞に込められた想い以上に楽曲の方に重点が置かれるためか、「長い」「いつ歌始まるの?」みたいなコメントが多く、某検証動画で使われた曲以外、再生が伸びていないのが(個人的には)意外で、ああそうか今の若い子ってこういうの聴かないのね6 …みたいな。

上記、某検証動画で使われていた曲で、自分もコレから入って、そしてのめり込んだ。

上記2曲は特に好きな曲で、鬱になるどころか逆にテンションが上がる。
で、歌が少ないのと曲が長いので、仮に自分が動画作るとしたらこれらの曲をBGMにする、と決めている。

Footnotes

  1. 1. 面白ければ何でもOKというか…

  2. 2. ものごっつ久々に買ったCDがコレかい、とか、買うために、これも久々にオタクの領域の店に入って、あの独特の芳香がぷーん…は懐かしいとは思いませんでしたが。

  3. 3. 仲間内では「ミクの外の人」という認識で一致。

  4. 4. ニュース速報が分かり易かったら更に高感度アップ。それと…本家のTechnopolisは、ライブ版では「トーキョー」と叫んでいた気がするのですが、もしかすると別のライブだったかもしれません。良く覚えてないです。

  5. 5. 泣きのキーボードがオフコースを髣髴させる…

  6. 6. 近頃アイドルがメタルやってるけど、個人的には(色々と妙な話題を提供した)アイドルがEDMやってるのは面白いし、本腰入れて聴いてみたいと思った…けど、何か飽きが早そうな気がしなくもないけど。