PC解体

だいぶ前から放置していたWiNDyM.Jという以前使用していたベアボーンを解体した。
え? …そりゃわざわざ粗大ゴミとしてカネ払って、ならば解体して燃えないゴミ扱いの方が、安上がり、と言うよりも都合の良い時に捨てられるし。(エエのか?

プラスドライバーだけで意外と簡単にバラせる。これ、過去にCDラジカセを解体した時よりもかなり楽。
手こずったのは、フレームの接合をかしめてると言うか、ネジじゃなくてリベットと言うかそういうので接合してるのには手間取ったが約1時間程度でバラバラにできた。

作業中にふと思った。
例えば、20年後。
愛玩用でも護身用でも介護用でも何でも良いけど、ロボットが一般的になった時、しかも、車みたいに資格所持者しか整備できないのではなく、白物家電という扱いだった場合。
オレ、今と同じ様にバラしてると思う…

なかなかシュールな図だよなぁ、おい。
幸いなのは、風呂場でノコギリで汗だくになりながら…じゃないから、アレだけど。
それにしても、ヒト型でついさっきまで自分と喋ってたロボットからメモリをぶっこ抜き、新しく買ったロボットに入れて、で、不要になったヤツのラバーを剥がして各パーツ(頭部・腕・足・…)、各部品毎にバラす…
みたいなカンジになるのか?
それが面倒ならば、夜中に車に積んで、えいやと不法投棄…ってまるで死体遺棄みたいな図だよなぁ…