Morry、自作するってよ(AMD APU的に)

今世紀になって初めて、史上2回目の完全自作を。
とりあえず、パーツが入れ替わっても、このケースだけは長く使う予定なので、ケースを使わなくなるまでここに追記する予定。
本文とは違うかもしれないが、最新の状況は下記。

閑話休題:2017年2月、Ryzenですが

2017/02/24

先のページ「閑話休題:2017年2月、MacからWindowsでのiPhone、iTunesの件」を公開した前日、2月23日は特にTwitterのタイムラインが賑やかでした。

Intelの半額以下で同等以上の性能のAMD「Ryzen 7」が正式に発表される – GIGAZINE
…を始めとして、徐々に情報解禁されてきましたねぇ。
ですが、一言で言って自分には関係無い、とまでは決して言わないですが、Core i7とタメを張れる(らしい)Ryzen 7は、A10-7860Kで満足している自分にはオーバースペックだなぁと。
なのでRyzen 5・3あたり、気分的には5の下、3の上位クラス…リリースはずっと後になりそうな?

AMD Ryzen 7 1700 Specs Confirmed, A $320 Rival To Intel’s $1099 i7-6900K – 8 Cores, 65W, 3.7GHz With Unlimited Boost & Unlocked Multiplier

何て言いますかねぇ…自分も物凄く参考にはしますが、ベンチの細かな結果って自分にはそれ程重要なウェイトを占めるモノでは無いんですよねぇ…もちろんOCで5GHz超え、ただただ単純に「凄い」と思いますが、とは言え、そのベンチを参考にして、現状よりも多少でもパフォーマンスが良くて値段的にも納得できるCPUを考えていますが。
それよりは「日常操作でどの程度パフォーマンスが出るか、出ないか」なんですよねぇ…そちら方面ではどちらかと言うとSSD使えば解決、みたいな気もしますが。
昨年に多かった気がする特に名指しはしませんが、○○(何か良く分からない凄い単語)がどうで何%性能アップみたいな記事、それはそれで有用な情報なのは分かりますが(私には分からないです)、「それがWindows10を使う上でどうなの?」としか。

なのでどちらかと言うと、今年3月に予定されているWindows Redstone2の方が自分には重要で、このアップデートでRyzen(および今のAPU)だとどうなのか、あるいはPCゲームのゲームエンジンだとどうなのかみたいな…
おそらくWindowsのアップデートも今のAPUでも(当面は)問題無いと思っていますし、PCゲームもdGPUをフル稼働させるゲームをプレイしてないので、その気になれば数年間はこのままで問題無いと考えていますが、それはそれで面白く無いので、いずれRyzenに乗り換える予定です。
それと、出るのか出ないのか調べてませんが、仮にRyzen APUが出た場合、iGPUが今自分が使っているdGPUのR9 380X以上という、自分的にはチョット考えにくいパフォーマンスのiGPUでないと乗り換え対象から外れそうな気がします…凄く個人的な理由ですが。
と言いますのは、自分がA10シリーズを使って思ったのは、購入後、それ以上の欲求が出ないと「断固」言えるならば、どうぞどうぞ、ですがそうと言い切れないならば厳しい気がします。
おそらくA10が出た当初、R7シリーズは有効だったと思いますが、その後R9シリーズになり、それでもA10がR7止まりでiGPUをアップグレードしたAPUが出なかったのが…出てたら考えたのですがねぇ…
もしくはiGPUナシモデルの更なる充実とか…今更ですが…

それと、ホントこのド素人め、なんですが、「Angel Halo | 私が欲しいmini PC」にある通りで、何故にAPU版NUCって出ないんだろうなぁと調べたら、あるにはあるんですねぇ…「ZOTACからRX 480 4GB搭載のNUCベアボーン「MAGNUS ERX480」が登場 : 自作とゲームと趣味の日々」…ただ…コレはちょっと自分の思ってるのとは違う気もしますが…
ここまで来ると総合力の問題なのかなぁ…それでも特にオフィス需要はありそうな気もしますが、コンシューマ機に舵を切っているのでしたっけ、AMDって。

何とも歯切れの悪い物言いになっているのは、どうにもBulldozerの件が引っかかっていましてね、所詮自分もニワカなんで有用な反論を持たないのですよ。
いずれにせよ、当面は様子見で、導入は早くて本年末、もしくは来年かなぁと考えていますし、もしかしたらSocket AM4+なんてのが出るのかさえ分かりませんが、その頃と意外と先になる可能性もあります。
一つ言えるのは、今更Intelに乗り換えるのもしんどいし、AMDがCPUとGPUの両方を扱っているメーカーであるというのが自分にとってのアドバンテージですね。

とは言えその後、ざっと情報を漁る限りでは、メモリの相性はあるにせよ概ね良好に受け入れられている、という印象で一安心、みたいな。

Menu of this post

  1. 1. はじめに
  2. 2. 各パーツの選択理由
  3. 3. 組み立てとOSインストールに関して
  4. 4. ケースファン換装と無線マウス&キーボード購入
  5. 5. 2017年1月その1、ASUS STRIX-R9380X-OC4G-GAMING 購入の件
  6. 6. 2017年1月その2、Phanteks PWM FAN HUB 購入の件
  7. 7. 閑話休題:2017年2月、MacからWindowsでのiPhone、iTunesの件
  8. 8. 閑話休題:2017年2月、Ryzenですが
  9. 9. 2017年3月、PCと机の配置換え