Morry、自作するってよ(AMD APU的に)

今世紀になって初めて、史上2回目の完全自作を。
とりあえず、パーツが入れ替わっても、このケースだけは長く使う予定なので、ケースを使わなくなるまでここに追記する予定。
本文とは違うかもしれないが、最新の状況は下記。

閑話休題:2017年2月、MacからWindowsでのiPhone、iTunesの件

2017/02/24

以下、いつにも増してグダグダと。
…の前に、自分の(少し)前のPC環境を改めて。
自分の場合、デスクトップPCだから、自前のマシン能力が比較的高いから、という理由がメインマシンの位置付けではなく、どのマシンを常時触っているかで判断している。
なので、この投稿も下記メインマシンのMBAで書いている。
なお、ネット接続は有線ではなくWifi。

  1. メインマシン: MacBook Air (13-inch, Early 2015)
  2. サブマシン: このAMD自作PC
  3. 引退マシン1: MacBook Air (13-inch, Mid 2011)
  4. 引退マシン2: ThinkPad X100e 287637J
  5. スマホ: iPhone4S

iTunesをMacからWindowsへ移行の件

return to toc

このマシン環境の中で、iPhone4Sは3.のMBAを母艦に…外でメインマシンを使う事が多いのに、繋げないのが不便なのは承知の上で。
と言うのは、メインマシンのSSDが128GBしかなく、基本はプログラミング、テキストをメインに扱うので比較的容量が少なくても問題無く、とは言え微妙な気もしたけど変なトコロで妥協(メモリは8GBに増強)した結果だが、その後、仮想環境に開発環境を構築するのがベストかなぁと思いつつ、コレが意外と容量を喰うので、iTunesライブラリを乗せるのに怖気付いて。
現時点で60GB程度使用しており、この時点でもヤバイなぁと感じているのに、更に15GB程度追加する勇気は無かった。
また、開発中にiPhoneを繋いだままだと開発に割り振るリソースが減りそうで(および、変にバグられても困る)、ちょっと気持ち悪いかなぁというのも。
ところが、iOSのバージョンアップで重くなったのか、3.のマシンのメモリ4GBではEl Capitanはモタ付きが酷く、フリーズする事がやたらと…何か常駐ソフト悪さしていたのかもしれないが。
その後、この記事の通りAMDで自作して、Windowsを母艦にするのもアリかなぁと。

…なんだが。
あくまで個人的にと前置きして、MicrosoftとAppleって今時犬猿の仲だと思わないにしても、米国面ニコニコ大百科ピクシブ百科事典の二台巨頭で混ぜるとキケン、食合せしそうなイメージが。
遥か以前にWindows版iTunesを使った事があり、その頃の印象は「勝手に?アプリ入る、常駐する、重い、そして何よりユーザインタフェースが全く馴染んでない」みたいな、悪いイメージしか…なので当時はI氏のつぼを使っていた。
しかし、やたら落ちたり固まる状況、背に腹は変えられなくなり、意を決して移行する事に。

自分の場合、曲の再生回数を引き継ぎたかったので面倒な移行を行ったが、そこを気にしなければもっと楽にできると思う。
方法の詳細は書かないが、ざっくりと書くと下記…記憶あやふや。

  1. WindowsにiTunesをインストール
  2. Macの /Users/HOGE/Music/iTunes/iTunes Media/ 以下をWindowsではデフォルトの状態で運用するとして C:¥Users/HOGE/Music/iTunes/iTunes Media/ にコピー
  3. Macの /Users/HOGE/Music/iTunes/iTunes Music Library.xml<Location> タグ値のディレクトリをWindowsディレクトリに置換… file:///Users/HOGE/Music/iTunes/file://localhost/C:/Users/HOGE/Music/iTunes/ 、自分の場合 sed を使用
  4. WindowsのiTunesで上記の iTunes Music Library.xml を(プレイリストを)インポート、だったか…少なくとも、Windowsの然るべきディレクトリに iTunes Music Library.xml を配置するだけではライブラリとして認識せず
  5. iTunesアカウントやiPhoneの認識を行うなど

ただしこの方法で移行できたのは、購入含め音楽と動画やプレイリストで、iPhoneアプリや着信音は手動…滅多に行わないので忘れるし、バージョンによって移行方法に差異があるみたいなので何とも。
ところでWindowsでは iTunes Music Library.xml による管理を行ってないのか…良く分からない…逆にWindowsからMacへの移行、あるいは旧Macから新Macへの移行は移行アシスタントを使う?
および、Macの場合、写真アプリがあるが、Windowsで写真はどう管理すれば良いのかと…Windowsのストレージとして認識させるのか…Macの写真アプリ、操作に慣れは必要だが、写真のEXIFを見ているのか、管理が非常に楽なイメージが。
ちなみにこの投稿での写真は、iPhoneで撮影、iPhoneのGmailアプリで下書き保存したのをMBAのブラウザで開いて写真を保存、みたいな回りくどい方法…

WindowsでiTunesを使った感想は、以前程モタ付きは感じなくなったし、ユーザインタフェースの違和感も減ったなぁと。
一方で、Steamクライアントもそうだけど、フォントがなぁ。

と、かなり普通に使える気がするけど、iTunes/iPhone、写真の管理も含めてやっぱりMacの方が良いかなぁ、次期メインマシンはその辺も考慮して選定するかぁ…ストレージ256GB、特にメモリは8GBでは心許無いので16GB…ってMacBook AirじゃなくMacBook Proなんですがそれは、みたいな?

以下余談。
ただし何時までMacを使うかは不明。
今はWebサーバサイド開発がメインなのでシェル環境と馴染みの良いMacを使っているけど、どうにもMacはSIPだとかで徐々に厳しくなってきた気がして、今後のOSメジャーバージョンアップによっては何とも…自分もAppleの暗黒時代を知ってるのでこの先どうなるか…
また、今後はMacで複数バージョンの言語環境の構築、これが非常に面倒だったが今後は行わず、仮想環境に任せる方針、つまり容量を食うのは前提で。
となると、Windowsに戻るか、と言われても、それも無い…少なくともシステムと連動したコンソール環境がMS-DOSではなくシェル環境であって欲しいし、CygWinは今は知らないがアクセス権が…それに何よりドライブレターは気持ち悪い…
ただ、MicrosoftのPowerShellは戻り値がテキストではなくオブジェクトで返ってくるという、それはそれで画期的だと思うけど。
基本的にはLinux(BSD含み)環境を考えていて、今後5〜10年かけて移行する予定。
今となっては開発環境に関して、Windows固有の、Mac固有の、というソフトがほぼ無くなり、大抵はLinuxでも動くので。

余談:iPhone4S/SBMからiPhoneSE/IIJmioへの近代化改修をだらだらと

return to toc

携帯環境は、家族環境など各人のおかれた環境が多々影響するのではないかと。
自分の場合、それまで家族と離れて暮らしていたので、家族割などの恩恵を得る事ができず(という事も無いが)、両親がDocomo、自分がSBMだった。
今でこそどのキャリアもiPhoneを扱っているが、だからと言って両親と同じDocomoに鞍替えするのも妙な抵抗があり、と言ってSBM万歳かと言われても決してそうではなく…以前からショップ店員さんの印象は凄く良いけど。
そんな中、父親が宣言して約一年後の2017年1月にやぁっとauにMNPした。
これは自宅回線のeo光に合わせた結果…自宅はオール電化…で、となると自分もauかなぁ、いい歳してみっともないけど、支払いも父親の口座に一本化?みたいな。
…まぁつまりですね、未だにiPhone4Sだったのは、そこまで困窮していた訳で…今すぐ出せない額ではないにしても、出し渋りした結果、見事に「木こりのジレンマ」に陥ってしまっていたという。
…という方針でMNPしてiPhoneSEを、とショップを回ったのだが、在庫が無い。
しかもあるショップでは、先にiPhoneSE希望を伝えていたのにまず在庫を確認せず先にプラン見積もりして、しなっとAppleケアまで付けてるので「不要です」と言うと「みんな付けてますよ」と知らんがな。
逆恨みだけど…
MNPの時期が悪かったので5年以上も契約してたのに解約金取られるしで、既存のキャリアには不信感が一杯で1 …くどいけどデジタルデバイドの逆恨みだけど。
とは言え、auで口座を一本化してもいつ何時、老齢の父親の身に何があるかと考えると、果たしてそれはと。

となると、今更ではあるが、格安Simかなぁと。
これは自作PCと違い、知り合いが詳しくて色々聞けたので、調査に時間がかからなかったのは助かった。
候補としてはBIC SIMかなぁ…対面売買を旨とする自分は近くに取扱店もあるし、だったけど、結局IIJmioに。
決め手はIIJというバックグラウンドかなぁ…あの老舗のIIJだから大丈夫だろーみたいな。
同じと言えば同じだしWifiサービスが付くけど、どうにもイメージカラーのギトギトした赤色がなぁ…大昔のYナントカや大手ネットショップを思い出して…
一方で端末購入のイニシャルコストが割安のノート程度の資金が必要になるが(分割はどうにも)、これは仕方無しか…とりあえずランニングコストを下げたかったので、ネットに溢れる格安ネタ・インプレッション・ヨイショにはさほど目もくれず。

移行、当初は面倒臭そうに思ったが、やってみると意外と簡単で。
近隣に相談窓口?があるが、SBMでのMNP転出申請を除いて全てネットで対応。
大まかには下記で、IIJmioの購入物やAmazonサイトの動画で分かり易く手順が案内されている。


  1. (SBMショップで)MNP転出申請、有効期限は15日
  2. Amazon.co.jpでSimそのものではなく権利?を購入…この時点で物理的なSimは購入していない
  3. iPhoneSE 64GBスペースグレイをAppleオンラインストアで購入、2日で到着
  4. 最低限上記1.と2.完了後、下記に進む
  5. Simの権利到着後、IIJmioサイトで回線契約やSimの選択、1.に記載されているコードでアクティベーション
  6. IIJからnano-Sim到着、iPhoneSEにSimを装着
  7. 電話でMNP転入手続き

土日挟んでも一週間程度、結構呆気無く、本格運用はこれから。

そんな中ちょっと気になったのは、どのタイミングで iPhoneSEに火を入れてiTunesと繋ぐか、だった。
自分の場合、電話でのMNP転入手続きの直前に初めて電源コンセントに繋ぎ火を入れ(つまり、IIJからnano-Simが届き、それを差し込んだ時点では火を入れていない)、その手続きの直後にiPhone4SとiTunesのアクティベーションは解除せず、iPhoneSEをiTunesに繋ぎ同期、これは時間がかかるのでその最中に移行完了していた。
多分理屈的には、iPhoneSEを手に入れた時点で火を入れるとWifi機器として使えていたと思うが。
ただまぁ…Dタイプを選択したので、iPhoneSEのキャリア表示は「docomo」(一方のiPhone4Sは「圏外」)で、問題は無いと思うけど電波強度が4/5…何せ過去の業務上、ミカカ系はどうにも拒絶反応がなぁ、業界人なら分かってもらえると思いますが、ぶっちゃけ親の敵と同等の存在なんですよねぇ…

同時に、GILD designソリッドバンパーと蓄光型ストラップ、その後、某量販店にて着脱式AC充電器…AIR-J エアージェイ MAJ-LPDX24 CB 新PSE規格準拠 着脱式AC充電器 ライトニングケーブル 1.4m付き 2.4A カーボンブラック…も購入。
なお、iPhone4Sも同社のソリッドバンパーを使っていた。
iPhone4Sの前のiPhone3GSの頃、街を小走りして胸ポケットから落とし、ON/OFFスイッチの前面・背面ケースの接合部分が剥がれたが(当時はプラスチックだったが)大事に至らなかったとは言え、マズイなぁと。
結果的には(激しく)落とさず使い切ったが、割高でも高品質のこのバンパーを使っている。



しかしソリッドバンパーの取り付けには泣かされた。
以前の申し訳程度のシリコンゴムでは無く、立派な衝撃緩衝材になり、これをiPhoneSEの四隅に…自体が無理で、テープで固定、iPhoneSEとバンパー背面部を各隅ごとに何度も何度も落ち着いてゆっくり押し込む事で馴染ませながらハメ込む…一度でのハメ込みは無理なので。
一方で当時は無かったが、ストラップのガイド溝が彫られたので、それに合わせ遥か以前に使っていたモノと同等の蓄光ストラップも購入。
ところでこれまで電車などで他人の携帯の扱いに注視しなかったけど、多くは手帳型ケースなのか…扱いが面倒そうだけど、綺麗に使う分には良さそうな、でも自分には無理だけど。

今となっては素のiPhoneって、結構シュッとしてるんだと一瞬思ったけど、外で使うより先にソリッドバンパーを付けたが。
このバンパー、手にフィットすると言うか、あり得ないけど例えば断崖絶壁で素のiPhoneで自撮りだと落としそうで怖いけど、バンパーが付いていると何となく握りに安心感があると言うか。

それにしてもiOSも色々と変わったなぁと。
例えばTouchID、自分は炊事…水を良く使うため指紋認識するか不安だったので未使用、6桁数字を使っているけど、4桁や8桁は思い付くが6桁が思い付かず思わず「いいよこいよって…丁度か…」程度には某動画に毒されている…指の動きが少なくて多少楽だが。
ただ、ホームボタンが以前に比べ妙にカチカチしていて、もしかして一番最初に壊れないかとよぎった。
あるいは、ホーム画面左にウィジットが追加されたり、ごく一部を除きアプリが削除可能なのが有り難いなぁと思いつつ、設定画面は残っているのでユーザからの起動方法を切っただけで、裏では動いてるのか何なのか調べてないので何ともだが。

それにしても、お役御免になったiPhone4Sを見てると色々と思う事もある訳で、「お疲れさん」と。
確か2011年の梅雨時期に購入だったか…iPhone3GSから乗り換え。
当時はまだ母親が健在で、とは言え、3.11の少し前にビザの関係で中国から帰国していた最中にSTAGE4、余命半年と宣言され胃癌で入院、緊急手術で胃を全摘出、父親もSTAGE1の胃癌で半摘出からその後全摘出、一時期は同じ病院に両親が居たという、自分はやむを得ず中国に戻れずそのまま離職、その頃にiPhone4Sに乗り換え、その後母親は介護認定を受け入退院を繰り返し翌年2012年夏、奇しくも自分の祖母、母親にとっては実母の命日に鬼籍、その後父親は持病のリウマチが術後に悪化して今はかなり落ち着いたけど、特に冬場は悪化するらしく夜中一晩中唸ってたりと、みたいな。
笑い話にしかならないが、Foursquare/Spawnでチェックインした割合が一番多いのは病院で、長らくメイヤーだったけど、これは両親の送迎のためであり、自分はその病院で一度も診察を受けていないという。
一方で、iPhoneの大型化に全く食指が働かず、で。
外で音楽を聴く、イマドキ何だけどタバコも吸うので胸ポケットに携帯とタバコ・ジッポーを入れているので、大型化した携帯は扱いに困る一方、老眼もあり悪くは…いやしかし「たかが」携帯に10万近く払えるか?オレは降りるしか無いわこのビッグウェーブには、と。
iOSバージョンアップの誇大化で重くはなっても、それを除けば普通…では無いにせよ、もっさり感が半端無いにしても使えるのは事実なので一言、「勿体無い」としか。

これがPCだとLinuxを乗せたりできるが。
例えば非Androidな格安携帯とiPod touch…って今もあるのな…iPhone3GSの前は何代かに渡り使っていたけど…も考えたけど、二台持ちは面倒だし、常時SNSが使えなくても構わないけど、特にテザリングは興味無いので全く使えないのもちょっと嫌かなぁと。
自分の場合、外に出ている理由がほぼコワーキングスペースの利用で(スタバでドヤリングって都市伝説か何か?)、そこは基本的にWifiは使えるので、テザリングは不要で。
あるいはiTunesとも接続できそうなのでAndroidも考えなくはなかったけど、それよりはLinuxと接続する方法を探るかなぁと。

ちなみにiPhoneSEの購入資金に当てようと目算していた前述の3.のMBAの売却、最大買取価格4.1万円に対して現物査定見積もりが最大9千円、と言われたので知り合いに譲った、無料で。
こちらをLinuxにするという方法もあったが、引き取り手が現れたのでそちらを優先、なので当面は4.のマシンをSSDに換装してLinux、が候補になる。
減額理由は液晶のコーディングが剥がれていて、その理由は中性洗剤で液晶を拭かなかったので、コレは自己責任で構わないけど、ただねぇ…査定時にニヤニヤと減額理由を説明するのはどうかと。
自分も結構なジジイ、キレそうになったけど、後で若者店員の酒の肴にしたくなかったのでグッと堪えたけど、せめて多少は申し訳無さそうに、もしくは事務的対応してくれないかなぁ…フレンドリーさを強調したいのかソ○マ○プ○ジ○…
なお、iPhone3GSも廃棄せず残っていたが、大昔に購入したデジタルカメラ・HT-03Aなど、その他のIT系家電と共に役場の回収ボックスにまとめて廃棄。
何だろ、やぁっと自分の身の回りの(物理的な)整理をおっぱじめる気になり(実家の自室は二十数年前から変わってなかったし、親が物置替わりに使っていた)、年明けから部屋の模様替え、書籍や不要なモノの廃棄など、ともかく身の回りを身軽にする方針で今年上半期は断続的に行う予定で、地域の最終処分場との往復に軽トラが欲しい気分…いずれ確実に10年程度以内には様々なモノの大掃除の必要があるので、その前哨戦も兼ねて。
…はともかく、iPhone4Sの売却もなぁ、イヤフォンやケーブルなど付属品の類は一切開封していないにしても、逆に手数料取られんかという疑心暗鬼が。
着脱式AC充電器を購入したのも、派手な色合いだと外で使っていても自分の持ち物とすぐに判別が付く(MBAの電源はステッカーを張っている)、何よりApple純正の白ケーブルは汚れが目立つというのもあるし、将来の事を考えて付属品を開封したくなかったので。

とりあえず、iPhoneSEには最低5年は…もしくは、キャリア縛りが無くなったので数年で下取りして最新機種乗り換え、かなぁと。
その間も、公私共々色々とあるだろうなぁと思う。

Menu of this post

  1. 1. はじめに
  2. 2. 各パーツの選択理由
  3. 3. 組み立てとOSインストールに関して
  4. 4. ケースファン換装と無線マウス&キーボード購入
  5. 5. 2017年1月その1、ASUS STRIX-R9380X-OC4G-GAMING 購入の件
  6. 6. 2017年1月その2、Phanteks PWM FAN HUB 購入の件
  7. 7. 閑話休題:2017年2月、MacからWindowsでのiPhone、iTunesの件
  8. 8. 閑話休題:2017年2月、Ryzenですが
  9. 9. 2017年3月、PCと机の配置換え

Footnotes

  1. 1. もうね、自分にはコレとコレと共謀してるとしか思えないソシャゲと貧困ビジネスとの違いが分からんのですよ、オッチャンだから…