Morry、自作するってよ(AMD APU的に)

今世紀になって初めて、史上2回目の完全自作を。
とりあえず、パーツが入れ替わっても、このケースだけは長く使う予定なので、ケースを使わなくなるまでここに追記する予定。
本文とは違うかもしれないが、最新の状況は下記。

2017年1月その1、ASUS STRIX-R9380X-OC4G-GAMING 購入の件

2017/02/18

上記のdGPUを購入、APUのiGPUを殺して使うという、チョット個人的は微妙な選択を。

APUで充分だと思っていた時期

return to toc

初回PC作成時は「Cities in Motion 2」が動けば…要求スペック見る限りAPUでも大丈夫そう多分…という判断の元、APUを選択して、このゲームだけでなく通常作業もほぼ問題無く使えていた。
そのためか、AMD Ryzen にはそれ程食指がそそられず、初回リリースはワンパスかなぁ、もしくは、まさかの SocketAM3+ ってのもアリかなぁ(今更?)、ただしM/Bに Mini-ITX は無いので Micro-ATX 対応ケース換装後じゃないと無理だけど…などと考えていた。

その後セールで「Cities: Skylines」も購入、少しプレイしたのだが、さすがに重かった…事すら忘れていたが。
推奨スペック、CPUが「Intel Core i5-3470, 3.20GHz or AMD FX-6300, 3.5Ghz」、dGPUが「nVIDIA GeForce GTX 660, 2 GB or AMD Radeon HD 7870, 2 GB」をAPU単体でプレイするのは厳しかった。
とは言え、今後もSkylinesをガッツリとプレイするかどうかは何ともで、個人的には更地を自分好みに創り上げて行くより、既存の街をチマチマと修正していく…じゃぁ何故に「Banished」やってるの?になるけど、コチラはバニラだと持てる手数が少なくて限られてるかなぁ、変な中毒性があるけど…
それはともかく、プログラミングで例えて言うならば、新規にコーディングするよりヒトのコードを修正するのが好きなタイプらしい…元々のプログラマとしての出発点がそれだったからかもしれないが。
ただし、もしかすると今後Skylinesでも、グチャグチャな街を奇麗にするみたいなプレイができるかもしれないが。

某ショップのWebサイトにて

return to toc

既に SocketFM2+ は終息とアナウンスされている?ので今更、APUを上位クラスに替える、メモリを現在の DDR3-1600 から速いモノに替える、というのもなぁ、かと言ってdGPUを付けてAPUのiGPUを殺すのもなぁ、などなど色々と悶々としていた。
とは言え今後の事を想定して、APUではなく通常のCPUを使った構成、SocketFM2+ のM/Bを延命させると仮定した選択肢として、Athlon X4 880K に目を付けていた。
そして唯一と言っていい、扱っているショップのサイトでふとdGPUを見て、「ASUS STRIX-R9380X-OC4G-GAMING」が妙に割安、RX-460 OC4G と同程度の価格で売り出されているのを見た。

話は変わるが自分はソフト屋なので、Webで公開されている何年も前のソースコードやプロダクトを目にするとちょっと躊躇するのだが、ハードの場合…と言うかAMDの場合?、そうとも言い切れないのかなぁと…確かに設備投資など、ソフト屋には無い概念が存在するので、プロダクトライフサイクルが長くなるのは当然なのかなぁと。
例えば2014年のFXシリーズは今も現役っぽいし…対してインテルは結構頻繁に新製品…と言うべきか、改良型と言うべきか、矢継ぎ早に出しているイメージで。
そしてそれはdGPUも同様で、正直、何を買えば良いのか…大枠では、なし崩し的にAMDのCPUを使っているし、特に不満は無いので今後も使うだろうなぁ、なので気分的にはRadeonかなぁ…少なくともAMDのCPUにnVidiaはちょっと…多分Intelに乗り換えてもnVidiaは一から勉強し直しになるので面倒なのでRadeonかなぁ、みたいな。

閑話休題、今はRXシリーズだが、一世代前のR9シリーズってどうなんだろ、という事で、「グラフィックカード性能比較ベンチマークテスト|ドスパラ公式通販サイト」および、PassMark…は色々と色々らしいが、逆に聞くが初心者は何を頼りにすればと逆ギレ気味これだから年寄りは…を参照に。
元々自分は RX-460、良くて4Gモデルを購買対象にしていたが、ざっくりとは言え、その価格とパフォーマンスをR9-380Xと比較すると…こ、これは…アリか?だった。
一方で何故この価格なのか全く分からないが、R9-380Xもワッパ・ファン音・熱の問題が多少ある(らしい)とは言え、そこに目をつぶれば自分には充分過ぎるかなぁと。
いずれにせよ、クルマに例えると、十数年前のスポーツカーと現在の軽を比べてる様なモノかなぁ、最新が良いとは限らないし、そもそも用途が違う、かなぁと。

なお、電源容量を「OuterVision Power Supply Calculator」で計算すると、消費電力420W程度、推奨650W、しかしながら現在の550Wの電源で大丈夫かなぁ、だったが、「何かあったら諦めよう…」で。
現状、とりあえず目に見える問題は発生していない。
およびdGPUの長さがケースに収まるか?補助電源はあるか?はクリアしているのを事前に確認。

購入と取り付け

return to toc

私がブツの販売を見たのは2016年末だったか忘れたが、残12個でほとんど動きが無い様に思えたが、その後徐々に在庫数を減らし、シゴトのスケージュルもあり1月下旬に差し掛かる頃、いよいよ5個の段階でポチった。
その数日後に商品到着(この段階で残2個)、良くもまぁこのケース(Corsair Obsidian 250D)はこうも組木細工の様に収まるモノだとと感心しつつの取り付けそのものより、取り外しで悩んだが。


ただし未だによく分かってないのが、デバドラ系で。
少なくともドライバもソフトもインストールしない段階でも、ぱっと見て問題無く動いていたのは事実で。
現時点(2017年1月)では、Catalystではなく、Crimsonになるのか…この辺りはネットでは新旧入り乱れた情報が出てくるので…
および、ASUSが提供するドライバなどとの絡みが良く分からない…
とりあえずは、AMDのドライバと ASUS GPU Tweak II をインストール。
GPU Tweak II はインストール後、操作しようとすると確実にフリーズしたが、どうやってマトモに動かす事ができる様になったのだろ…最新版に入れ替えたのでマトモに動いたのかなぁ…覚えていない…

使用感

return to toc

…も何も、恐ろしく激しくdGPUを使うゲームはしていないし、常時温度を監視していないので何とも。
少なくとも、自分が主にプレイする、2014年前後にリリースされたゲームは最高画質にしても問題無く、と言ったトコロで、騒音もほとんど無さそうで、ざっと見て温度も60度前後かなぁと。
導入当初はファンがいつ回転するのか気になり、ケースの防塵フィルタを外して運用していた。(下の写真は、その後再び防塵フィルタを付けた状態)
その時の様子では、片方のファンがたまに回転して、通常は双方とも回転していない印象。
もちろん GPU Tweak II を使うと、この限りでは無いが。

とは言うものの、今後はM/Bを倒立するタイプにする予定なので、そうなるとファンの回転は全く見えなくなる?のだが。
更には、今まで上記の写真の角度から見えていた、AF-120 のほのかな蒼い光(製品上は紫だが)も全く見えなくなった…仕方無いが…下の写真はdGPU取り付け以前の状態。

なお、購入前は抵抗があったAPUのiGPUを殺す件は、気持ち的にはちょっと気持ち悪いが全く気にならないという。

一点問題があったのは、「Deathtrap」というハクスラ+タワーディフェンスなゲーム、数秒ごとにウェイトカーソルになり画面がブラック・アウトする現象、「My screen goes black for a short time every few secs. :: Deathtrap Technical Support」が…
せっかくやっとレベル45になって、さぁこれから新エリア開拓だ、あれ?何か挙動が変だぞ…でも動きがヌルヌルしててまるでハリーハウゼンの映画みたいだーだったんですがねぇ…
テクニカルサポートを見る限り、同様の問題を抱えているプレイヤーもわずかながらいる模様だけど、開発元は原因不明でスルーしている雰囲気かなぁと。
なので今後のPCリプレース後に再チャレンジかなぁ…もしくはこのゲームをプレイする時だけはAPUにして…しかし我慢できない遅さじゃ無いにしてもねぇ…

とは言うものの、特に問題が無いので当面はこれで充分かと。
今の予定では、RXシリーズの次の次の世代がリリースされた後、次の世代のミドルレンジ、もしくはR9-380Xと同程度以上のモデルが割安で販売されているのを探して買い替えかなぁと。

まぁ何と言いますかねぇ…そりゃカネ積めば、カネさえ積めば、凄い環境が手に入るのは間違い無いけど、そこまで極めたい訳じゃ無いしカネを湯水の如く注ぎ込める訳でも無いし、身の丈に合った環境と言うのか、自分のニーズとマッチする環境と言うのか、そういうのが良いみたいだなぁと今回の買い物で思ったりもする。

だからと言って、この動画みたいな方面に極めるにはマダマダ修行が足りないかなぁ…

Menu of this post

  1. 1. はじめに
  2. 2. 各パーツの選択理由
  3. 3. 組み立てとOSインストールに関して
  4. 4. ケースファン換装と無線マウス&キーボード購入
  5. 5. 2017年1月その1、ASUS STRIX-R9380X-OC4G-GAMING 購入の件
  6. 6. 2017年1月その2、Phanteks PWM FAN HUB 購入の件
  7. 7. 閑話休題:2017年2月、MacからWindowsでのiPhone、iTunesの件
  8. 8. 閑話休題:2017年2月、Ryzenですが
  9. 9. 2017年3月、PCと机の配置換え