Morry、自作するってよ(AMD APU的に)

今世紀になって初めて、史上2回目の完全自作を。
とりあえず、パーツが入れ替わっても、このケースだけは長く使う予定なので、ケースを使わなくなるまでここに追記する予定。
本文とは違うかもしれないが、最新の状況は下記。

各パーツの選択理由

2016/06/14 カフーツ「ブログJellyVol.54」にて公開

結論から言うと、ほぼ問題無く組み上がった。

これらのパーツは、リアル店舗で事前に購入した液晶モニタを除き、一つのネットショップ1 で、まとめて購入。

前述の通り「A10シリーズ、Mini-ITX、小型PC、他に色々こまごまと」という希望。
個別選択が色々面倒なのでベアボーンやショップオリジナル、BTOもざっと見たが、食指が動かなかった。
ではあるが、CPUクーラとGPUを考える必要が無くなったのは有り難く、そこまで考慮する必要があるとすれば、確実に折れていたと思う。

CPU : AMD A10-7860K BE BOX

return to toc


APUを知った当時はA10-7850Kしか、ほぼ選択肢が無かった。
その後、長らく購入調査を放置していると、新モデルの投入や「Wraith Cooler」モデルが出た。
ところが Wraith Cooler は特に小型マザボでCPUクーラとメモリが物理的干渉を起こす可能性がある、という頭を抱える状況に。
しかしこれは後述するマザボで救われたので、ウダウダ購入をpendしていて良かったと思う。

CPUクーラに関して、当面はオーバークロックを行う気が無いので、付属のリテールクーラを使う予定…AMD使うのに勿体無いと言われるだろうが…その辺は環境に慣れて、夏にクーラの無いこの 熱い 部屋で運用状況を見て、PCケースファンと合わせて考えようかと。
ところが結果的には、CPUクーラとメモリが物理的干渉を起こす問題は、マザボで回避できる事になったので、A10-7890KA10-7870KA10-7860Kという選択肢の中から、になった。
A10-7870Kは系統が違うのでちょっと置いておいて、敢えてA10-7890Kを選ばなかったのは、メモリもだが敢えて上の存在を作っておく2 、みたいな妙なマージンを持たせたのと、ともかく何でも良いから動く環境を、仮に失敗してもともかく少しでも安く損害を済ませたい、という。
気がかりだったのは、Wraith Cooler が(小型)PCケースに入るか否か…多分大丈夫だろう、と踏んで。
これがサードパーティーのCPUクーラだと、結構シビアな選択になると思うし、水冷のセンも考えられるが対応年数の関係から水冷にはしない方針。

もし仮に動画編集を行う場合、エンコードやデコードの時間は現状それ程気にしていないが、それよりもゲーム中の画面が問題無く録画できるのかどうか、は考えた。
ゲーム中他のソフトは起動しない、SSDにゲームシステムをインストール、HDDに圧縮無しで録画、を考えているが、そもそも今後も長く動画編集を行うのかと問われると何ともなので。
それでも明らかに厳しい状況を自覚した場合、APUからCPU+GPUに入れ替えを考えているが、PCケースは長く使いたいので、そのままAMDで行くか、マザボ含めて例えばSkylakeに乗り換えるかは未定。

なお、A10-7860Kからの移行案は、GPUを持たない Athlon X4 880K と Radeon R7 の上級クラス以上かなぁ…当面は考えていないが。
この場合、マザボはそのまま流用、CPUクーラはCPU添付のリテール品を使用、GPUはケースに制約されるがおそらく限界ギリギリのカードは差し込まないだろう、GPUの電源コネクタも多分問題無さそう、ただし電源容量(現状550W)が微妙に怖いかなぁ、みいたいな。

M/B : ASRock A88M-ITX/ac R2.0

return to toc


当初は GIGABYTE GA-F2A88XN-WIFI Rev.3.0 を考えていた。
ところが、Wraith Cooler が問題無いのか不明、リアル店舗にて扱っていない、当初から気になっていたのは2013年10月リリースだからなぁ、と。
その後このマザボが出て、Wifiも付いている(扱いが面倒との事)のでこれに決定。

RAM : G.SKILL ARES ARES F3-1600C10D-16GAO

return to toc


当初は PC3-19200(DDR3-2400) と言われるモデルかなぁ…何でもAPUはメモリの速さが…みたいな、だった。(動画編集もするかも、だし)
ところがショップの店員さんと話をして、この速さだと相性が云々やら3 、今回利用したネットショップでもメモリは別途買い替え保障対象である状況から見て、色々とシビアなのかなぁと。
となると、損害を少なくする意味でネットショップが多く抱えている品で良いかと。
容量は8GBでも良かった気もするが、このMBAでさえ8GBに換装したのでさすがにそれは、という。

Case : Corsair Obsidian 250D

return to toc


かなり Thermaltake Core V1 とで悩んだ…安くて良さそうなのだが。
それでも Core V1 を選ばなかったのは、ネットでの評判が販売後も長らくよろしく無い事4 と、個人的に一番の違いは5.25インチベイの有無だった。
価格的には、Core V1 にDVDドライブを外付けしても250D以下で買えそうだが。
今時Windowsインストールでも使わずに済むのに、今更5.25インチベイが必要なのかと問われると、「外付けより内蔵であって欲しいなぁ…仮に年に1回しか使用しないにしても」で。
パッケージ販売のエロゲを再開するかもしれないし、DVDプレイヤーにもしたいし、何よりも外付けでゴテゴテさせたくなかったので。
だったらミドルタワーフルタワーの安いケースにしろよ、だけど…どうしても妥協できなかった…

そういう面から自作PCって、今後の事も考えて余裕と可能性を探る方向でマージンを持たせると何処までもカネを掛けられる・掛かるが、逆の方向で考えるとストイックなまでに実に引き算の思考でないといけないなぁと思う…特にPCケースにおいては。

ところで小型PCケース・キューブ型PCケースもここ数年はゲーミングPCの流れもあってか百花繚乱で、選択肢が増えた反面、帯に短し襷に流しと色々と悩むし、ここでは挙げないがざっと一通り調べた限りでは、250Dは評判は悪く無い…と言うよりもむしろ良いのだが、今となってはちょっと古いのかそうで無いのか(2014年1月発売)、業界に明るくないので何ともだが、ネットで調べても情報が多いし、良いからロングセラーとして今も扱っている、と思っている。

ケースファンは当面このままで行く予定だが、今後迎える夏場の状況5 によっては増設、もしくは置き換えの可能性はある。
自分は夜間、蛍光灯を消してE17口金60形のミニクリプトン球で照らしているので、LEDファンに憧れなくも無いが、誰に見せる訳でも無いし、ケースは机の右側に配置する事が決まっているので光量が気にならないか、そもそもどうやって接続するのか良く分かってないので未定。
Core V1 で良いなぁと思った点の一つが、250Dが上面固定なのに対してアクリル版の位置を変更できる点で、目線内の面をアクリル板にしておけば、どの程度ホコリが溜まっているのか確認が容易なので(掃除するとは言ってない)、LEDファンの方向性もあるにはあるが。
何にせよ、換装して五月蝿くなった、とかだとちょっと嫌かなぁとは思う。

ちなみに、ケースの雰囲気やケースに限らずパーツの動向を知る面では、YouTubeの動画が色々と参考になった。
当然、日本語以外だが画面を追いかけていれば済む話なので。
ただし「$500 PC」みたいな動画は、海外ではそうかもしれないが、日本だと扱っていないパーツや、別におま国とは違うと思うが、ドルレートを100円で換算して更に1〜2万円アップみたいなイメージ。

PSU : Corsair RM550x CP-9020090-JP

return to toc


分かりません。
必要な電源容量の計算方法 – 直販パソコンのすすめ」を見てエイヤで計算して更に倍…にはしないが、みたいな。
コルセアを選択したのは、ケースがコルセアだしショップがそこそこコルセアの電源を扱っていた、という理由から…世間の評判は不明。
GOLDにしたのは安心料としてだが、実際のトコロはここまで必要なのか足りないのか全く不明。6
それと、こだわる方は「日本製のコンデンサが云々」との事だが、自分としては「いやもうそういうのいいから、ともかく動けば何でもいいから」と、それどころではなくアップアップしてる状態…

OS : Microsoft Windows 10 Home 64bit 日本語 (DSP)

return to toc


直前まで Windows7 64Bit にする予定だったが、今の段階(2016年5月下旬)で購入する場合、もしかして一番高いパーツ…正直納得行かないなぁ7 、というのと、例のウザいメッセージから。
要はゲームが動けば良い訳で、エロゲは最悪仮想環境かなぁだが、Steamに関しては色々調べたが両方の意見があり何ともな状況で、動く側の情報としては「List of Games working on Windows 10 – Windows 10 Forums」を信じているが、ボチボチと逆の情報もある。

購入に関して。
まず、これまで可能だった Windows7 Home Premium での、MacからWindowsへの一方通行で良いのでSamba接続はHomeエディションでできるの?だったが、これは「Windows 10 の仕様とシステム要件 – マイクロソフト」を信じて。8
次に、DSP版の購入方法で、パーツと共に買う事ができる程度の認識だが、ネットショップの商品欄に無い事も無いが、無いに等しい状況だったので、これは別途リアル店舗でHDD・SSD・外付けドライブと共に購入するか、だったけどカート画面で選択肢が出て来たので、これらパーツもまとめて購入したが、これに関してはネットショップの何処かに記載があったのかもしれないし、そうでないかもしれないし、良く分からないが一度経験すれば今後は何とでも。

それにしても…
ユーザインタフェースの変更やコントロールパネルの変更など新たなWindowsを習熟しつつ、もしかしたら今まで動いていた各種アプリの乗り換えが生じるかもなど、正直、気が重い状況…
一方で、今までデスクトップホームユース向けは Windows3.1 から延々と触ってきたが9 、冗談抜きにこのままだと Windows8 シリーズは一生触る事無く人生を終えそうな気がする…
幸いなのかもしれないのは、SSDを導入するので以前ほど躍起になってシステムのスリム化をしなくても良いのではないかという希望かなと。

その他

return to toc

下記は深い理由も無く、適当に選んだパーツ。

SSD : ADATA Premier SP550 SSD ASP550SS3-240GM-C (240GB)

return to toc


マザボで使える M.2 は調べていない状況で突っ走った。
別に購入しなくても良かったのだが…自宅の業務用途でないデスクトップ機なので、パワーオンから「コーヒーを淹れる程度」の時間は全然余裕だが、もしかしたら動画編集する?という可能性や、HDDのパーティション分割も今となっては面倒だなぁと。
それと、今更SSDの信頼性云々って時代でも無いだろうし、少なくともMBAでは変になっていないし、値段的にも消耗品扱いで、OS程度しか入れない予定。
強いて言えば、音がしないとマシンが今どういう状況なのか把握しにくい点だろうかと。

3.5インチ SerialATA内蔵型HDD : Western Digital WD20EZRZ-RT (2TB)

return to toc


事前に緑がどうの青がどうのと統廃合があったみたいだが。
正直なトコロ、SSDが壊れるよりも精神的ダメージが大きい気がする…今まで壊れた記憶が無いが。
多少安全なのは RAID 1 で、多分マザボも対応している筈だが、そこまで行う気力も無く、壊れたらそれはそれで仕方無いかと。

なお、旧PCからは500GBをコンバート、残りの300GBは外付けHDDにするかもしれないしそうでないかもしれない。

内蔵DVDドライブ : ASUS DRW-24D5MT

return to toc


焼く事も無いだろうしブルーレイも使わないし「動けばええやん」という。
旧PCからコンバートしても良かった気がするが、もしかしてIDE接続?バラして調べるの面倒…だったので。

液晶モニタ : LG LED Monitor 22M38

return to toc


ハイハイ言いたい事は分かりますが、クルマで訪れたリアル店舗で安かったので…内蔵DVDドライブなどの選択も、ちょっとはそういう理由が含まれていたのは事実だが。
仕様は、21.5インチ、フルHD(1980×1080)
e-Sportsする訳でも、このモニタでゴリゴリ開発する訳でも無いので「映りゃええやん、長持ちする可能性の高い消耗品」で。

価格は税込み1.5万程度だったので、今時この程度の価格で手に入るのだったら、複数モニタも普通にできるよなぁ、自分はそこまでしないが、と。
なお、以前から使用していたモニタアーム(メーカ・型番不明)は、このモニタに付け替えて継続利用中。
安価なモデルなので設定が面倒だったが、目線がどちらかと言うとノートPC並の視線の感覚で使えるのは便利なのと、デッドスペースが減る点か。

ちなみに、それまで SXGA(1280×1024) を使っていた者の感想としては、SXGAが2画面あるみたい、マウス移動距離が延びた、配置上左端が目線の中心なので右端が遠い、みたいな。

Menu of this post

  1. 1. はじめに
  2. 2. 各パーツの選択理由
  3. 3. 組み立てとOSインストールに関して
  4. 4. ケースファン換装と無線マウス&キーボード購入
  5. 5. 2017年1月その1、ASUS STRIX-R9380X-OC4G-GAMING 購入の件
  6. 6. 2017年1月その2、Phanteks PWM FAN HUB 購入の件
  7. 7. 閑話休題:2017年2月、MacからWindowsでのiPhone、iTunesの件
  8. 8. 閑話休題:2017年2月、Ryzenですが
  9. 9. 2017年3月、PCと机の配置換え

Footnotes

  1. 1. 敢えてショップ名は言わないが、地元近辺の政令指定都市にも秋葉にもある水色系の有名な店舗。もしかしたらパーツの傾向から分かるかもしれない。

  2. 2. いつまでA10-7890Kを含めて Socket FM2+ 製品が流通するのか不明だが…

  3. 3. そう、こういう会話なんだよなぁ…有り難いのは。ただ…もしかしたら、だけど、オーバクロック時に不具合が出るとかなのかなぁと憶測。

  4. 4. HDDマウンタのビスが回って外せない初期不良? 同一ロットで同じ不具合を抱えているのか、同じショップで取り替えても同様の不具合が出る模様で、購入を見送った。

  5. 5. それ以前に内部関連の温度をどうやって常時モニタリングするか?という課題もあるのだが。

  6. 6. 以前ニコ動の「ワンズちゃんねる!」で低電源容量でどこまでマシンは耐えられるのか?みたいな企画をやっていたが、論理値と比較して結構マージンがあった様に思えた。

  7. 7. 自分もソフト屋なので、想像以上に開発のコストが掛かるのは分からなくはないが、だからと言ってなぁ、みたいな。

  8. 8. ネットで情報としては色々あるが、それがHomeエディションなのかそうでないのか、記述の無い情報が多く逆ギレ状態…ご丁寧なスクショは大いに結構だが、肝心の情報を書いて、お願いだから!みたいな。これはこの件だけに限らず、手に入りやすい情報ほど、正直「夏休みの自由工作」みたいな情報が多くてなぁ…ブロガーの存在意義って「広く浅く」な記事を他のブロガーと足並みを合わせて量産する事をモットーにするの?と思わざるを…別にそれでも構わないと思うが。

  9. 9. CEも触ってないが、他にも何か抜けてる可能性あり。サーバはNT3.5・2000程度。