2003夏、ビジュアルノベルを色々と(この歳で…)

見直して見ると色々とイタイけど、まぁ…このままで…

「をぃ、柳川! 由美子ちゃんに何て事を…お前は鬼かぁ!」

…いや、鬼なんだが。
「やながわぁぁ1 、頼むからそれだけはやめてくれぇぇ!」
と叫びながらプレイしていた事は秘密。

痕(リニューアル版)」。
これを買う時点で旧版・リニュ版がある事、違いがある事を知らなかった。
旧作をプレイしていないので絵柄等は特に気にならず…別に絵を見てプレイしてるのではないし。

最初は鬼をモチーフにしている事を知らなかったので妙な違和感あり。
もっとどろっとした陰惨なゲーム2 だと思っていたので、いきなり「鬼」とはエラくハナシが飛躍するな、と。
結局慣れたが。
また、主人公(プレイヤー)の柏木耕一と柳川の意識が同化してしまうので、何が何か分からなかった。
これも話全体が見えてくると辻褄が合う設定なので問題では無いが。

攻略系サイトを彷徨っていて、SS(= Short Story)というモノを知った。
同人で知っていたのだが認識していなかった。
そういう意味ではSSはWebというのにマッチしていると思う。
特に「最果ての地(Outer Island)」の「凍った時」は凄いなと。
破読するだけでゲームをプレイするよりも時間がかかるかも。
1996年夏発売のゲームなのに、こういうのを今も残している事に感謝。
「タオの章」で、柏木一族が鬼の一族である事を全く知らないキャラクタ・美冬を登場させ3 「ここおかしいんじゃないの?」という切り口を持たせたのは面白かった。あのキャラクタは作者の本音の代弁者?
「遙けき過去」は、本作を補完する意味では秀作。最初は「痕」のシナリオライタが書いてるのかと思った。

あ、ちなみに…
楓 >梓 >千鶴 >初音
かと。4
楓…意外かも…色々とSSを読んでこう認めざるを得ない自分が居た。
炉だからでは無いと断言したいが誰も信じないだろうなぁ。
梓…俺も歳だからな、飯上手な女性が良いと思う訳よ(胸が…では無い)。
千鶴…発売当時プレイしていたら間違いなく彼女が一番だろうなぁ。
ところで彼女AB型だそうだ。
そうなのか、作者はAB型=偽善者という図式があるのかと。
初音…改めて自分には妹属性が無いものだと…
当然、由美子ちゃんは別扱い。

音楽良し。
ここぞ、という時の「夜の風」。
耕一が千鶴さんに殺されるシーンが強烈に印象に残っていたが、今はエディフェルが死ぬシーンかも。
そう言えば、お約束劇場でも使っていたような…
リニュ版なのでリッピングできないのが困った所。5
このBGM、精神的に参ってる時に聴くと、絶対泣く。
あるいは、運転中聴いてると、涙で運転できなくなるかも。
故に「良かった」という事にしているが、某氏曰く「初音のないしょ話」…

BGM、テキスト表示中は自動的に音量を下げる、テキスト表示中は画面を少し暗くする等、UI的に参考になる。

夏祭→エンディングロール(BGM:歌月)のコンボで「終わった…」と思った。

まぁつまり「月箱」の「月姫」三部作(本編・月姫PLUS+DISC・歌月十夜)まで。
画面一杯に「殺せ殺せ殺せ殺せコロセ殺せ殺せ殺せ殺せ」みたいに出るのは辛かった。

個人的には遠野家ルートが、横溝正史的で陰惨、妙にアンニュイなイメージで何とも。

このゲーム、時間がかかり凄く疲れるので最初から攻略ページを見ながら6 プレイ。
ただ、一度だけのプレイでは筋が分からん。
でも一番最初のプレイが一番感動的なので時間の少ない社会人の困った所。

BGMはとても悪く言えば、ピアノの練習曲、みたいにも聴こえるが、遠野家の雰囲気とそれなりに合ってると思うが。
自分はリッピングしてカイシャの帰りやプログラミングで聴いている。

本編もそれなりに楽しんだが、同人発という事で、色々と楽しませてもらった。

SSはこの辺。

プログラム?関連。

…ところで、何故かシエル先輩、萌えない…
例えて言えば、うる星で渚を前にしたあたると面堂の反応みたいな…って古過ぎ。しかも、実は男、じゃないし。最初の校舎裏のシーンからそうだった。自分でも不思議。
個人的には、
琥珀 > 翡翠 > その他大勢…
みたいな。
割烹着というのは意表を付かれた。
でも自分の無くなったおばあちゃんを思い出すけど。
人差し指立てて「めっ!」(じゃ無いか)は良いよね。
自分は菩提樹のブレスレットをしてるのだが、マジで琥珀翡翠のブレスレットを現地へ買出しに行こうかと画策中。

「何故にビジュアルノベルを今頃ですか?」

2003年夏コミ後の飲み会で、御祝堂の岩崎さんから質問される。

…私は元々、評論・ノンフィクションは読むが、小説・フィクションは読まない。
ところが、今年くらいから無性に小説を読みたくなったのだが、手頃なものを見付けられなくて悩んでいた。
これとは全く関係無しにマシンをフォーマットする必要があり、レジストリとの絡みからフォーマット前は「個人的にはどうでも良いソフト」を色々とインストールする事にしている。
そう言えば前にMgnさんが「『痕』面白いよ。特に音楽が良い」と言っていたので、これを機会に買ってきて7 やってみた。
面白い。泣ける。泣かなかったが。
こういう業を抱えた者の話は好きなのでハマった。例えば、高橋留美子の「人魚シリーズ」シリーズとか。

こうなると他に手を出したくなるのは当然の流れなので、何を思ったのか、職場のプロパーでそういう方面に詳しそうなT氏8 に話を持ち掛けた。
どうでも良いけど最近のリーマンの付き合い。ゴルフなんて。酒はともかく、ツーリング、エロゲ?

「いやぁ、この歳で『痕』やりましたよ。で、他にもやってみたいのですが、このセンで良いのってありません?」
「そうですか。私は千鶴萌えでして」

あれ? 話は彼の机にある千鶴さんのハードコピーや「リニューアル版は邪道ですよ」とか、妙な方向に話が盛り上がった。

「月姫はどうです?」

月姫は”伺か”を漁っていた関係で前から知っていたのだが、Webページを見てもどうやって入手するのか、何を入手すればよいのか分からず仕舞だったが、T氏より「月箱を手に入れると良いです」とアドバイスを頂く。
「痕」程の感動は無かったとはいえ、同人発という事で別の楽しみは前述した通り。

…と岩崎さんに言ったと思う。

話は前後するが、「痕」「月姫」をやった事を前述の夏コミ後の飲み会でK氏に言った。

「『君が望む永遠』やれ、ともかくやれ」

そうですか、では。という事でDVD版を買った。

辛い。辛い。辛い。辛過ぎる…
…スミマセンKさん、オイラにはこのテのは余りにも現実的9 で何か嫌だ…

…と、こんなカンジで3本程やってみた。今後何をするか分からないが、基本的には「口コミ」? 興味深いのもあるが、手を出し始めると何かどっぷり浸かりそうで怖いので、抑えるのが一苦労。
例えば、 「終末の過ごし方」、「腐り姫」なんかは興味あるが。

それにしてもこの3本、痕以外、見事にこの夏以降にアニメ化されてる…狙い済ましてやった訳でも無いのに。痕も昨今の発売ならばアニメ化されていたかもしれないな。

CD革命/Virtual Pro Ver.7

…を使っている。これならば好きな時にいつでも手軽にできるので。
ここまで来ると、当初の動機である「ちょこっと試してみっか」から凄く外れてきているが。

ErogameScape-エロゲー批評空間-

…ちょっと重いけど、ここをポータルにしてる。
へぇ、SQLを発行できるんだ。テーブルレイアウトまで公開してるし。
いや、まさか truncate table を発行しようなんて考えていませんよ(笑10

「孝之君が生きてきたこの3年間は……孝之君に何を教えてくれましたか?」

君が望む永遠 DVD specification」。
遙のセリフ。ぐっ、と来た。
凄いよなぁ、この娘。一方で魔性遙というのもアリだと思うけど。

某氏曰く「約1時間は退屈だよ」との通り、確かにそうだったのだが、第1部終わりは結構衝撃的。続きが気になって仕方なかったのだが、カイシャのために中断。「一体何が起こるというのだ?」だった。
ところで君望って、作り・演出がTVのドラマ的だと感じた。映画的なのを目指すアニメやゲームはあると思うが、TVのドラマ的なのを意識していると思った作品|メディアは初めて。
rUGP(relic Unified Game Platform)5.5 のエフェクトの類が凄い。痕から進化したんだなぁ、と思った。

「悪夢」のマナマナシナリオ…バーチャルネットストーカー・愛美19歳…ある意味興味深い。

看護婦職であそこまで精力的にストーカー行為が働けるのか、そこまで関係が冷めていたとはいえ水月は、自称「孝之の彼女」の女の伝言だけで「終わった」と結論付けられるものなのか11 、勝手に他人の口座の解約や引越しの手続きができるのか、とか突っ込めるが、とりあえずそれは置いておくとして。
彼女の行為そのものより、孝之の心の変化を丹念に記述しているのが余りにも痛過ぎ。
特にいつもは感動の嵐に包まれる筈のBGMが逆に居心地を悪くしている。
映画「ミザリー」を引き合いに出してるヒトも居たが、あれは主人公が最後まで抵抗の意志を持ってそう行動したのに対して、孝之の場合、完全に籠の中の鳥になってしまっていたと思う。
その辺り、孝之が「穂村さん」から「マナマナ」と呼ぶようになってしまった辺りから、「あ、あかん…」「ま、まだ続くのか…」とクリックが辛かったのであるが、個人的には「悪夢」までは行かない。

さる方は、「ここまで行動しておいて、何故に婚姻届を出さなかったのか?」とかいうのを聞いた。
自分には「えっ?」という意見だったが、彼女にはそういう社会的な規範とかは全く意味の無い事なのではと模範解答的ではあるが、そういうカンジがするが。

でも…この逆のシチュエーションって結構ゲームでやってるな、自分。
D.O.の「虜2」とか。
さる鬼畜系ゲーマに借りたのだが、個人的にパッケージデザインが良かったので、エロゲに興味ある無しに関わらず借りたのであるが、とエクスキューズする。  

一方で「愛美純愛エンド」という要するに遙・水月から逃げて愛美と共になるエンドで、これ、自分には凄く現実的なエンドだと妙に納得したものだが。

とまぁ…

メジャー所3本をやってみた感想をまとめてみた。
ビジュアルノベルって、メディア的に面白いと思っております。
抽出した月姫のテキストを同人の印刷ショップで限定で刷ったとしても、多分、音楽が無いと、面白さが半減するのではないかと思っています。
やはり音楽あってのビジュアルノベルかと。

Footnotes

  1. 1. 正確には「やなぎかわ」?

  2. 2. ちょっと違うかもしれないけど西村寿行的なカンジの。

  3. 3. と言うか、ゲーム世界でもその事を知ってる人はとても少ないのだと改めて認識したが。

  4. 4. まぁ…何と言いますか…当時煩悩系の話題で盛り上がっていた公園氏が割とこういう誰々が好み、みたいな序列付をするので…いやはやイタイ…

  5. 5. 後日できるようになりました。

  6. 6. 某氏曰く「見なくても解けるじゃん」。歌月は攻略ページ見ながらでも最初のうちはかなり悩んだ。

  7. 7. 自分の意志で美少女ゲーに手を出したのも初めてならば、自分の意志でこういうショップに行ったのも初めてだった。

  8. 8. 机に何故か千鶴さんの画面ハードコピーが。それ以前にも詳しいヒトが居たのだが、今は居ないのと当時はこういうのに興味が無かった。

  9. 9. 植物状態で3年後に目が醒めるのは現実的かはともかく。

  10. 10. 幾ら何でもできないと思うが。

  11. 11. 改めてこのシナリオやり直したら、この表現ちょっとビミョーかも。まーでも見事ですな、彼女。